その他会計関連

【おすすめ5選!】会計を学ぶために役立つ本をご紹介

[vkExUnit_ad area=before]

社会人になると、数字とは切っても切り離せない生活になってくるのではないでしょうか。

ビジネスにおいて、「会計」の知識は必須であると考える人も少なくはありません。
むしろ、会計の知識をつけなければ、経営層へ上り詰めたり上の立場の方々へ提言をすることなどは困難になってしまいます。

 

また、株式投資においても自分が投資をする会社の財政状態や経営成績を決算書で見るにあたっても、会計の知識がなくては読み取れません。

 

今回は、会計を知るためににおすすめな書籍を5冊ご紹介します!

 

いちばんやさしい会計の教本

簿記ってなに?財務諸表ってなに?仕組みはどうなっているの?など、会計に関することについて説明されている初心者向けの一冊です。

 

学校で会計の勉強を始めた・・・

会社で会計関連の仕事に就いた・・・

個人で投資をするのに会社の数字の見方考え方を知りたい・・・

と言った人たちにおすすめの一冊です。

 

私は頭がこんがらがったときなどに読み返して、基本を振り返る時に使用したり、会計を知りたいという友人へおすすめしています。

 

武器としての会計思考力

社会で経営をするにあたり、会社の数字を使って分析や戦略を立てることは必須事項です。

会社の数字を扱うに当たり、財務諸表を読むために押さえるべきポイントや財務分析の仕方、財務分析を用いた経営課題の洗い出し、そして会社KPIを機能させるための考え方などがわかりやすくまとまっています。

日常に会計思考を加えることで、これまでと同じ事柄でも別の見え方になってきます。

私はこの一冊を読んで、日常生活で使用している商品の会社などの決算書を見る機会が俄然増えました。様々な会社の会計を知ることができ、視野が広がってきたと感じています。

 

武器としての会計ファイナンス

前述に紹介した「武器としての会計思考力」を一部無い様はかぶっているのですが、前述の続きとしてこちらの本もおすすめすることができる一冊です。

財務諸表を読むためのポイントの他、利益やキャッシュフローの読み方やM&A、資金調達の考え方など、おもにお金の流れについて、実際の企業の数字を用いてわかりやすく説明がせれています。

 

会計の世界史

そもそも会計っていつどこから発祥したの?歴史が知りたい!という場合におすすめの一冊です。

貸借対照表の発祥はイタリア?

損益計算書は仲間同士で商船をしていた時…

発生主義はいつ生まれた?

公認会計士の発祥は?

など、現代の私たちの世界では当たり前のように使用されている会計のあれこれについて、たっぷりと面白く学べる一冊です。

 

勘定科目と仕訳のの事典

具体的に財務分析の貸借対照表や損益計算書を見ていくとして、企業によって様々なな勘定科目が使用されています。

この科目はなんだろう、この科目は多分これだろうけど自信が持てない…と言った時の辞書代わりとしても使用できるのがこちらの本です。

具体例と一緒に乗っていますし、普段実務として会計に携わっている人でも手元に置いておきたくなるような一冊です。

私も科目を選択するときなどに良く使用しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

まだまだ面白い会計の本は数多く出版されています。

おすすめしたい本は今後も随時追加していきたいと思いますので、興味があったらぜひ読んでみてください。

 

[vkExUnit_ad area=after]