経理実務

売上管理やってる?掛け売上をするときは取引先の与信チェックをしよう

[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは!

 

みなさんの会社では、掛け取引を行う相手先の信用情報を確認した上で取引を始めていますか?

売上は会社の収入源となるもので、期日までに回収しなければ会社としては損をしてしまいます。

今回は、相手先との取引前に行いたい与信調査についてご紹介します!



取引先の与信調査はなぜ必要?

他者との取引を行う上で、自分の会社としては売り上げた分の資金の回収は、会社継続の上で重要なポイントとなります。

 

売上という収益を認識したとしても、それに伴う資金の回収がなければ会社のお金は減る一方で、黒字倒産のリスクが高まります。
資金の回収を円滑に行う上で、相手会社の資金力は大丈夫かを事前に確認した上での取引が重要です。
そのために、与信管理を行い相手の会社について調べて管理をする必要があるのです。

与信管理ってどうやったらいいの?

会社によってやり方は様々ですが、主に自社ルールによる相手企業の財務諸表のチェックや機関を使った調査が方法としてあげられます。

 

自社ルールによるセルフチェック

自社ルールによるチェックでは、相手先企業がHPなどに財務諸表を載せていることが前提となりますが、そこから資金力や損益情報を入手します。

会社ごとに一定のルールを定め、その情報を拾うことによっていくらまでの取引を可能にするかを定めます。

 

機関によるチェック

機関によるチェックでは、帝国データバンクリスクモンスターなどの機関を使用して相手の会社の調査を依頼します。

 

コストはかかりますが、ここでは上場しておらず財務諸表を公表していない企業のことまでもある程度知ることができるため有効的に活用されています。

 

年一の見直しをしよう

一度調査をしたとしても、自社はもちろん相手の会社も資金力は年々変化します。
昨年は大丈夫だったとしても、今年は大丈夫か?と考えると見直しは必要となってきます。

全ての会社の再チェックでなくとも、前回ギリギリの評点であった会社などの再チェックは貸し倒れのリスクを下げるためにも必須です。

 

まとめ

売上を上げることができればどんな相手でも取引をしたい!となるのは営業などからしたらあるのかもしれません。
しかし、そのためにその後の資金の回収ができなければ、会社全体として損失となるのです。



会社ごとにルールはあると思いますが、与信管理を行った上で、健全な取引で売上を上げていきたいですね。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

[vkExUnit_ad area=after]