財務諸表

会社のお金の流れは見える!キャッシュフロー計算書とは?

[vkExUnit_ad area=before]

 

本日は、財務三表最後の諸表、キャッシュフロー計算書についてご紹介します。

 

キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書(英:cash flow statement、Statement of cash flow)とは、企業会計について報告する財務諸表の1つである。このC/Fは会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出(キャッシュ・フローの状況)を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する。

 

上記のように、キャッシュフロー計算書は企業の一定期間のお金の増減を一覧にして表した計算書です。

 

お金の収支内容によって、

①営業活動によるキャッシュフロー

②投資活動によるキャッシュフロー

③財務活動によるキャッシュフロー

と、3つの箱に分けられており、これら3つのキャッシュフローの金額を期首時点の現金及び現金同等物に足し引きをして期末の現金等の残高を表示する仕組みとなっています。

 

 

下記は、キャッシュフロー計算書の雛形のうちの一つです。

各項目ごとに、お金の出入りを記載するようになっています。

 

なぜキャッシュフロー計算書が必要なの

貸借対照表や損益計算書と比べて、キャッシュフロー計算書は比較的最近に作成が義務付けられています。

 

それまでは作成義務がないとされていましたが、なぜ必要となったのでしょうか。

 

 

皆さん「黒字倒産」という言葉を聞いたことはありますか。

 

初耳だった場合、黒字で利益が出ているのになぜ倒産するの?と、思われるのではないでしょうか。

 

キャッシュフロー計算書の作成義務化には、この黒字倒産が重要なキーワードとなってきます。

 

企業が黒字倒産をする理由

 

売上も上がっていて利益も十分出ており、うまく経営されているように見える企業はたくさんあります。

 

その中で、過度に商品を仕入れたり、返済が滞るようなペースでの借入れなどを行ったりと、お金の入りと出のバランスが崩れてしまい、支払いができない状態が続いてしまう・・・。

 

そして最終的には、企業としての役割が果たせずに経営破綻という自体に陥ってしまいます。

 

 

このことを黒字倒産と呼んでいます。

黒字倒産のリスク回避のためキャッシュフロー計算書

 

この黒字倒産が過去に続出したため、企業が貸借対照表や損益計算書と同様にキャッシュの流れもきちんと株主などに報告をすることによって黒字倒産のリスクを回避させようとしてできたものがキャッシュフロー計算書なのです。

 

キャッシュフロー計算書を作成することによって、企業の一定期間の資金の流れを見ることができ、企業自体もお金の使い方を毎月・毎期確認したり将来の経営計画に使用したりすることができます。

 

それでは、キャッシュフロー計算書の項目である3つのキャッシュの無いようについてそれぞれ見ていきたいと思います!

 

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは、企業が通常の営業活動によってどれくらいお金を生み出しているかを見ることができます。

 

本業によって稼ぐお金のため、最終的にはプラスになっていればキャッシュ上ではうまくいっていると事となります。

 

投資活動によるキャッシュフロー

営業活動を行っていくにあたって、建物や土地などを購入しなければならないことがあります。

 

近年では、ネット上で店舗を構えることが増えてきているため、建物や土地は不要ということも考えられますが、その分パソコンやiPadなどの電子機器(備品)が必須となってきます。

 

このような、営業活動を行うために必要となってくる固定資産等の購入や売却によるキャッシュが投資活動によるキャッシュフローに該当するとされ、”投資”とあるだけにキャッシュ上ではマイナスとなることが多いとされています。

 

財務活動によるキャッシュフロー

最後に、財務活動によるキャッシュフローについてです。

 

これは、企業経営を行っていく上で行われる貸付けや借入れの収支、企業が発行した社債に関連する収支など、資金調達関連のキャッシュの動きが該当します。

 

企業の成長段階によってプラスにもマイナスにもなる項目です。一般的には、成長途中の企業の場合は会社を軌道に乗せるまで借入等が必要となることが多いため、キャッシュは借入れた分だけプラスに動きやすくなります。

 

一方、成熟段階にある企業の場合、貸付けを多く行っていたり配当金をたくさん支払っていることが多くあります。そのため、キャッシュはマイナスに動きやすくなる傾向にあると言われています。

 

まとめ

キャッシュフロー計算書は企業が経営活動をしていく上で、売上や利益以外で重要なキャッシュの流れを表す重要な諸表です。

 

貸借対照表や損益計算書へ目が行くことがどうしても多くなりがちですが、キャッシュフロー計算書もしっかり見ていきたいところですね!

 

[vkExUnit_ad area=after]