経理実務

経理実務を経験すると、どんなことに役立つの?

[vkExUnit_ad area=before]

 

経理は会社のバックオフィスに位置づけられ、矢面に立つ営業などのサポートをする立場にあると考えられる方は多いかと思います。

確かに営業さんたちの経費精算や、支払い請求書の支払処理、売上や経費の取りまとめをして社内関係者へ報告をするという約割も担っています。
バックオフィスなんて目立たないから嫌だ!ちまちまとした作業ばかりでつまらなそう・・・と思っているかたもいるのではないでしょうか。

 

今回は、経理の業務を経験することによってこの先何に役立つのかについてご紹介します。

 

経理業務とはどんなものがあるの?

一概に経理業務といっても、その会社によって経理が行う仕事の範囲は異なります。
しかし、一般的にどこの会社でも行われている業務もまた存在しています。
どの会社でも共通であると考えられる業務は次のとおりです。

日次業務

伝票入力
立替(経費)精算
現金・預金の出納業務
取引先調査

月次業務

各種帳簿締切り業務
請求書発行
売上計上
債権未回収の確認
支払処理
費用計上
給与計算
所得(源泉)税・住民税支払い
月次資料作成

年次決算業務

決算業務
法人税・消費税等税金計算
監査法人対応
決算資料作成

会社によってまだまだ行われている業務はありますが、大抵は上記のような内容ではないでしょうか。
その他にも、会計システムの入れ替えや業務効率化、ペーパーレス化に向けたプロジェクトなどを並行していることもあります。

経理業務を経験することによって役立つこと

経理を経験することによって、会社のお金の流れがつかめるようになります。
これにより、有価証券報告書や社内資料に記載される貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F)を読めるようにもなります。

また、お金の流れが分かることによって、他社の決算書も読むことができるようにもなるでしょう。
他社の決算書が読めるということは、その会社の数字上の善し悪しの判断が付くようになり、個人でその会社の株を保有して投資家となって楽しむことも可能です。

このご時世では決算書を読む方法が書かれた書籍や情報もたくさん出ていますが、私は経理を経験した上でこういった情報を読み聞きするのとでは知識の定着や理解度で差が出てくるのではと考えています。

 

まとめ

経理はAIが行う仕事となっていき、職種自体がなくなるのではと言われています。

しかし、実際になくなるのは仕訳入力や預金計上など自動化できるものだけであり、これを操作する人は経理の経験がなければ難しいのではないでしょうか。
現在「経理」と呼ばれている業務のうち、いくつかは他の新しい名称の職種へ生まれ変わるように思えます。

 

現在経理を行うことによって、自動化できるものできないものの判別を付けることで先々への仕事の考え方も変化していくことができる。

お金の流れをつかめるようになることによって、自社の課題に気がついたり、株式投資をするために他社の決算書を読むことができる。

 

細かな作業を必要とする仕事ですが、これによって得られることははるかに大きいものとなります。

地味と思われがちな経理ですが、将来のための知識を身に付けませんか??

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

 

[vkExUnit_ad area=after]