財務分析

キャンペーン応募でお菓子や食器がもらえる!?山崎製パンの財務分析

[vkExUnit_ad area=before]

 

山崎製パンといえば、パンについているシールを集めてキャンペーン応募することでお皿やお菓子がもらえるキャンペーンでおなじみです。

 

長いあいだに渡り、私たちの食生活の一部として誰もが一度は山崎製パンの商品を食べたことがあるのではないでしょうか。

一方で、工場での誤包装による自主回収など、品質管理に関して不安が残るようなことも生じています。

 

今回は、山崎製パンの財務分析を行っていきます。

 

山崎製パンの企業情報

創業当時は食糧管理制度下で製パン業が厳しく統制され、創業者飯島藤十郎は既に別団体でパン製造に関わっていたため飯島名義では許可が下りず、義弟の「山崎」名義で許可を得た。商号が「山崎製パン」となったのはこの経緯による。

青森県では工藤パン、秋田県ではたけや製パンに一部商品の製造・販売を委託しており、両県ではそれぞれ地元企業商品として扱われる。青森県に山崎製パンの十和田工場が所在してヤマザキブランドの商品も流通し、全国向けCMも放送されている。十和田工場は山崎製パンが地元製パン会社「栄作堂」を吸収合併以後、工場を十和田工場として稼動したものである。四国では一部商品の製造を子会社「高知ヤマザキ」(高知県高知市)へ委託している。沖縄県には工場が所在せず輸送コストなどの理由によりスイスロールなど一部商品を除き販売していない。

フランチャイズ方式のコンビニエンスストア業態としてデイリーヤマザキやニューヤマザキデイリーストア(ヤマザキデイリーストアー)、ボランタリー・チェーン方式の小売契約業態としてヤマザキショップやヤマザキスペシャルパートナーショップ(YSPS)を展開している。

また、自家用トラックを保有して独自の自社輸送網を築いており、配送トラック車両は自社持ちのため白ナンバーで車体裾に「製パン業」と表記されており、車体に描かれシンボルマークとして知られる「スージーちゃん(本名はスージー・ポーマン)」は、1966年当時東京在住の3歳女児である。ヤマザキナビスコがナビスコと提携を止めてヤマザキビスケットになってからは、ヤマザキビスケット社製品の写真だけを荷台に描いたものも使用している。

シンボルマークで社章でもある「太陽マーク」は、万物の太陽の源、明るい太陽のように食卓の光となる願いを込め、また自然への感謝と仕事への誇りの気持ちを込め、伸びゆく企業を象徴するということから、創業者の理念を具現化した物である。

『おいしさと品質で毎日を応援します。』を企業スローガンと定めている。

 

 

山崎製パンの財務諸表

下記は、平成29年12月期の決算短信から一部を抜粋したものです。

 

 

山崎製パンの財務分析

 

それでは、安全性分析、効率性分析、収益性分析、成長性分析の4視点で財務分析をしていきます。

 

山崎製パンの安全性分析

安全性分析では、流動比率と自己資本比率を見ていきます。

 

山崎製パンの流動比率

流動比率=流動資産÷流動負債×100%

⇒284,009÷235,254×100%=120.72%

 

短期支払い能力については、問題なさそうです。

 

山崎製パンの自己資本比率

自己資本比率=自己資本÷総資産×100%

⇒345,742÷747,322×100%=46.26%

 

自己資本についても、十分な資金力があると判断できるため、安全性については問題なさそうです。

 

山崎製パンの効率性分析

効率性分析では、棚卸資産回転日数と総資産回転数について見ていきます。

 

山崎製パンの棚卸資産回転日数

棚卸資産回転日数=棚卸資産÷売上高×365日

⇒22,425÷1,053,164×365日=7.77日

 

食品製造販売業ということもあり、棚卸資産回転日数は1週間ととても短く、効率的に経営されていると判断できます。

 

山崎製パンの総資産回転数

総資産回転数=売上高÷総資産

⇒1,053,164÷747,322=1.41回転

 

総資産回転数についても、目安の1回転以上もあり全資産を効率的に運用して売上を上げられていると考えられます。

 

山崎製パンの収益性分析

収益性分析では、各売上高利益率と自己資本利益率(ROE)について見ていきます。

 

山崎製パンの売上高利益率

当期利益率 前期利益率
売上総利益率 36.13% 36.49%
営業利益率 2.86% 3.38%
経常利益率 3.05% 3.54%
税引き前当期純利益率 3.93% 3.13%
税引き後当期純利益率 2.91% 1.88%

 

利益率については、経常利益までは前期の方が上回っていますが、大きな差はないので問題はなさそうです。

また、後半の税引き前・後当期純利益について今期が上回っているのは、参加にある不二家の銀座ビルが高額で売却されたことによる固定資産売却益が多額に上がっているためです。

 

山崎製パンの自己資本利益率(ROE)

ROE(自己資本利益率)=売上高当期純利益率(税引き後当期純利益÷売上高)×総資産回転数(売上高÷総資産)×財務レバレッジ(総資産÷純資産)

⇒30,664÷1,053,164(売上高利益率)×1,053,164÷747,322(総資産回転数)×747,322÷345,742(財務レバレッジ)

 

⇒2.91%(売上高利益率)×1.41回転(総資産回転数)×216.15%(財務レバレッジ)

=8.87%

 

国内目安の8%はクリアしています。

財務レバレッジや総資産回転数が高めであることからROEについても良いと考えられます。

 

山崎製パンの成長性分析

成長性分析では、売上高伸び率と総資産伸び率についてみてきます。

 

山崎製パンの売上高伸び率

売上高伸び率=(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高×100%

⇒(1,053,164-1,041,943)÷1,041,943×100%=1.08%

 

ほぼ横ばいですが、若干の伸びがあります。

 

山崎製パンの総資産伸び率

総資産伸び率=(当期末総資産-前期末総資産)÷前期末総資産×100%

⇒(747,322-703,886)÷703,886×100%=6.17%

 

総資本については、主に前期よりも利益が出ていることやその他有価証券の評価差額として前期よりも約85億円高く計上されているため6%以上の伸びとなっています。

 

山崎製パンについてまとめ

 

山崎製パンについては、同じ製菓業界の不二家を2007年に起きた不祥事からの転落を救った救世主のような存在です。

 

不二家が現在も存在しているのは、山崎製パンのお陰といっても過言ではないかもしれません。

今回不二家の銀座ビルを売却したのも、今後の不二家の再建のために行った最善の対応なのかもしれません。

 

今後も山崎製パンの経営スタイルや不二家の再建について、期待したいところです。

 

 

[vkExUnit_ad area=after]